木質バイオマスエネルギー利用設備の教育的活用


樹木粉砕機で粉砕して木材チップを作成

 攪拌機内で十分に乾燥した木材チップのスクリューコンベアによる木質ペレット作成機への投入

木質ペレット作成機への木材チップの投入1

 京都教育大学環境教育実践センターでは、平成24年度の補正予算の措置を受け、平成25年度の11月に、環境教育バイオマスの利活用システムが設置されました。
 この設備は、環境教育実践センター内に植栽されている樹木の剪定枝を粉砕して、木材チップを作成し、これらの木質有機物(バイオマス)から木質ペレット燃料を作成し、電気エネルギーを用いずに、この木質ペレット燃料を用いて、環境教育実践センター内の講義室や実験室等に設置されたペレットストーブによって暖房をおこなうものです。なお、ペレット燃料灰は栽培学習園の土壌改良材として用いております。
 平成26年1月より、この設備によるバイオマスの有効な利活用の実践によって、環境教育実践センターでおこなわれる授業を受講する学生や附属学校園等の学校園外学習の園児、生徒等、公開講座や公開講演会の受講者に、木質バイオマスエネルギーの利用、「資源の循環」の大切さを啓蒙しています。
 このような取り組みは、木材由来の木質ペレットを暖房のための燃料として活用するので、地球温暖化問題に少しでも貢献することになり、ペレットを燃やして排出した二酸化炭素は樹木に吸収され、また次の木材の生産に寄与することになります。
 栽培学習園では、植物の生産―利用―有機リサイクルシステムを活用した残渣の堆肥化―植物の生産という「食の循環」を実践しており、樹木の剪定枝も粉砕して堆肥化をおこなってきましたが、本設備により堆肥化するだけでなく、エネルギーとしてのバイオマス利活用を示しています。

1F展示ホールに設置され、
運転中のペレットストーブ

4.ペレットストーブによる暖房設備

作成された木質ペレット燃料

木質ペレット作成機

木質ペレット作成機への木材チップの投入2

 乾燥させ、含水率が10%程度に低下した木材チップはスクリューコンベアにより攪拌機から木質ペレット成型機に投入され、木質ペレットを成型し、木質ペレット燃料を成型します。

3.ペレット成型機による木質ペレットの成型

木材チップ攪拌機

木材チップを燃料とする温風ボイラー

 作成された木材チップは、木質ペレットの原料として使用するとともに、木材チップを乾燥させるための温風ボイラーの燃料としても利用しています。
 樹木粉砕機によって作成された木材チップは含水率が高いため、攪拌機に入れ、木材チップを燃料とするボイラーからの温風によって、攪拌しながら乾燥させ、木材チップの含水率を10~15%程度に低下させています。

2.温風ボイラーと攪拌機による木材チップの攪拌、乾燥

粉砕機で作成した木材チップ

樹木粉砕機で粉砕して木材チップを作成

戻る

樹木の剪定枝

 このようにして作成した木質ペレットを燃料に用いて、管理棟の1Fの講義室、展示ホールおよび2Fの共通実験実習室に設置されたペレットストーブを使用しています。


1.木材チップの作成及び管理

設備の構成概要

 構内に多量にある樹木の剪定枝を効果的に収集して集積して、それらの剪定枝から既設の樹木粉砕機によって木材チップを作成して、雨にあたらないように保管しています。